2019年大会

ロケット部門・ペイロード部門より構成され、モデルロケット・CanSat技術発表会も行われます。

開催要項
参加者向け開催要項(PDF)

開催日

201936日(水)- 39日(土)

当日の天候によるスケジュールの入れ替え、JAXAのロケット打ち上げの都合による会場変更の可能性があります。予めご了承願います。

申し込み受付期間

出場者受付期間

201893日(月) - 123日(月)

終了しました
見学者受付期間

201893日(月) - 1220日(木)

※出場チーム発表が遅れたため、見学者受付の締切を延長しました。

終了しました
  • 締切日時を過ぎた申し込みは一切受け付けません。
  • 当日の飛び込み参加は認めません。

2018年大会からの変更点

事前受付の実施

大会期間前日(3月5日(火)15:00~17:00)に、事前受付・機体審査を実施します。3月6日の本受付・機体審査は大変混み合うことが予想されますので、事前受付にご協力をお願いします。

大会期間の延長

競技日程を1日間から2日間に増やし、それに伴い大会全日程が3日間から4日間に増えています。
詳しくはスケジュールをご覧ください。

大会参加費の変更

大会期間の延長に伴い、参加費を一律400円値上げしています。
詳しくは出場・見学申し込みをご覧ください。

  • 学生 1,600円⇒2,000円
  • 社会人 3,100円⇒3,500円
  • 技術発表会の持ち時間の短縮

    5分から4分に短縮(発表時間3分、質問時間1分)

    その他イベントのスリム化

    雨天時のスケジュール調整の関係から、今年度から宇宙講演会および模型ロケット製作教室を中止します。JAXA施設見学ツアーについては、各自お申し込みください。
    詳しくは特別イベントをご覧ください。

    競技ルールの変更(適宜更新する場合があります)

    【抜粋】ペイロード有翼滞空競技のエンジンはC11型エンジン生産中止のためC6-3のみとします。

  • 全種目共通:動力飛行はすべて禁止します。
  • ロケット部門共通:機体およびパラシュート等は目立つ色を付けること。競技用の機体のほかに予備の機体を作成することが望ましい。
  • 開催場所

    種子島宇宙センター

    JAXA種子島宇宙センター 竹崎芝生広場

    • 機体再審査(未合格機)
    • ロケットコンテスト
    • 施設見学会

    予備会場:前之浜海浜公園

    南種子町中央公民館 屋内運動場(体育館)

    南種子町中央公民館 屋内運動場(体育館)

    • エントリー受付
    • 機体審査
    • 表彰式
    • 技術者交流会
    南種子町福祉センター

    南種子町福祉センター 大ホール・生きがい活動室

    • 開会式
    • 審査員紹介
    • 技術発表会
    • ワークショップ

    参加費(1人あたり)

    分類 参加者 学生 社会人
    1 ロケットコンテスト出場者 2,000円 3,500円
    2 出場チームの引率者(指導者) - 3,500円
    3 見学者 2,000円 3,500円
    4 表彰式と技術者交流会のみの参加者(社会人) - 2,000円

    (協賛企業に所属する社会人は無料)

    • 参加料には、保険料・交流会・参加記念バッグ代等が含まれます。
    • 製作費、搬入搬出にかかる費用、旅費等については参加者負担とします。

    申し込み資格

    ロケットコンテスト

    • 日本国内の高等学校、高等専門学校、大学の学生
    • 日本宇宙少年団本部登録リーダー
    • その他(社会人等)